「いい会社」の採用情報

検索

Facebook会員登録

新規登録

ログイン

採用ご担当者様
 

あの日あの時:ありがとう

驚きと感謝のサプライズに「ありがとう」

日々、たくさんの方に支えていただき感謝の気持ちでいっぱいですが、ここでは弊社バースデーサプライズ企画のエピソードをお話しします。弊社では、社員のお誕生日をお祝いするサプライズ企画を行います。私もサプライズでお誕生日をお祝いしてもらいました。言葉の通り、本当にサプライズ満載なのです。突如スクリーンに見知った街並みが映されたかと思いきやなんと、

私の両親が登場し、お祝いメッセージが流れたのです。

両親からのお祝いの言葉はもちろんですが、忙しい仕事の合間を縫って私の両親の元へインタビューへ出向き、素晴らしいプレゼントを用意してくれた仲間のあたたかさが嬉しくて、その場で大号泣してしまいました。サプライズはそれだけにとどまらず、以前私が担当し、転職活動のお手伝いをさせていただき成功された方からのお祝いのお手紙を頂いたのです。お手紙にはその方の近況とともに、転職活動の中で、勇気が出なかった自分の背中を押してくれて「ありがとう」という感謝の言葉が記されていました。仕事の中でそのようなお手紙を頂いたのが初めてで、「ありがとう」と言っていただけることがこんなに嬉しいんだ、と実感できた瞬間です。これからも共に働く仲間、お取引先のお客様への感謝の気持ちを持ち続けることはもちろん、関わりを持つ多くの方々に「ありがとう」と言っていただけるような仕事をしていきたいと思っています。

入社前に、納会に呼んでいただきました。何気なく入った飲み会の席にはなんと、歓迎のメッセージが寄せ書きされた横断幕を掲げた皆さんが!

ちょうど自分の誕生月だったこともあり、入社前にも関わらずバースデイサプライズのケーキまで用意していただき驚きました。その後、緊張の初出社日。私の席の頭上には、「ようこそ」の垂れ幕文字が下がっていました。あたたかく迎えていただいたことに感謝です!

日々、社内には「ありがとう」の言葉が多く飛び交っている、という実感を持って働いています。ルーティンの業務や、些細なことでも必ず「ありがとう」という言葉が返ってきます。小さなことのようですが、実はこのマインドが一番重要だなと実感しています。今ではサプライズを仕掛ける側として頑張っていますが、「ありがとう」を返す機会があるのは、とても幸せなことです。もちろんこの気持ちを社外にも発信していかなくてはなりません!

いつまでも、ありがとう

いつもメンバーから色々なことを教わりながら、毎日学んで実践している毎日で、そこには常に感謝の気持ちを持って業務を行っています。ですから「ありがとう」の気持ちはメンバーを含め、関わっている皆様に感じています。

今回は、同期2人に向けての気持ちをお話しします。私には入社が同時期の同期が2人います。写真にいる2人です。全体を掴むのが遅く、よく頭の中がパニックになっていた入社直後ですが、そんな私を近くで支えてくれたのは彼女たちだと思っています。彼女たちと話すだけで、もっと頑張ろうと思えたり、自分になかった考え方を見付けられたりと、いつの間にか考えが整理できていることが何度もあります。

居るだけで安心できる存在が職場に居ることは、とても私の支えになりました。

これからも、共に成長しながら関係を築いていきたいです。

気になる  実際に話したい